カウンセリングルーム「ブルースター」

皆さんとお会いできることを心よりお待ちしております。 完全予約制 10時〜20時まで(19時スタートがラストです。)月曜日〜金曜日    10時〜16時まで(15時スタートがラストです。)土曜日 日曜・祝日は休み。 ご予約はTEL:03-5639-5503(完全予約制)ご連絡お待ちしております。      電話受付 10時〜18時平日(月〜金)            ※土・日・祝日電話受付はしておりません。             土曜日は事前予約者のみ、そのお時間にお越しください。 -さまざまな悩み相談に対応いたします。-  カウンセリングルーム「ブルースター」では、人生相談から家族問題(夫婦・親子・パートナー)、性(セクシャリティ)、育児、 仕事などに関する心理的相談まで日常生活においてのさまざまな悩みに対し多岐にわたり対応しております。現代のストレスにおい ては、子どもからおとなまで、さまざまな悩み、問題を抱え、理想と現実の狭間で、もがき苦しんで生きていかなければならないの が現実であり、大なり小なり何かしらの悩みを抱え、だれにも打ち明けられず、一人で心の奥底にしまい込み、日常生活を送ってい る人が多いのが現状です。  不安や悩みを一人で抱え込んだままで、価値観が多様化している現代を自分らしく生きて行くことは、決して容易なことではあり ません。まず誰かに相談する事が必要なのです。しかし、もしもまわりに相談できる人がいないときは、カウンセラーに話すことが、 今より楽になれる一番の近道です。人に悩みを打ち明けてみると不思議と気持ちが楽になり、今までマイナス思考に考えてきた事も、 前向きに考えられるようになります。そして、抱えている問題を客観的に見つめ直す事ができ、知らず知らずのうちに自分自身と向 き合う事ができるようになります。すぐに答えを導き出す事はできなくても、何かしら問題解決へのヒントをえることができ、心の 回復につながります。  カウンセリングを受けることに抵抗がある方もいらっしゃいます。カウンセラーは悩みを聴く専門家です。あなたの悩みに対し 親身になって対応いたします。ぜひ一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。 ◎カウンセリングは、お悩みにじっくりと耳を傾ける事からスタートします。その後、一人ひとりのお悩みや性格に合わせ、最適な 心理療法で対応いたします。(支持療法、認知行動療法、芸術療法など。)二回目以降は、初回にうかがったお悩みや問題に対して、 目標設定や解決に向けた予定を組み継続的にカウンセリングを行っていきます。カウンセラーは経過を随時モニタリングしながら、 より最適な解決方法を吟味し、一人ひとりのケースに合った個別療法を用いて、お悩みや問題の早期解決に当たります。
<カウンセリングを受けるに当たりましてのお願い>
 お悩みの影響で身体に何かしら不調と思われる症状が出ている方は、一度、心療内科や精神科などの専門病院を受診されることを
お勧めいたします。(当方で紹介もいたします。)尚、既に病院・クリニック等の医療機関を受診している場合は、身体症状がある
程度改善してからでないと、効果的なカウンセリングを提供する事ができませんので、あらかじめご了承下さい。

<カウンセリングの料金・時間帯はこちら>
単独カウンセリング        50分=5000円
ペアカウンセリング        50分=8000円
家族カウンセリング        50分=10000円
どんな些細な事でも構いませんので、お気軽にご相談下さい。
まずはご予約の際に、簡単にお伺い致します。
 カウンセリングルーム「ブルースター」では、インテーク面接を重視いたします。インテーク面接とは、カウンセリングを始める前 に行う情報収集のための面接です。お聴きする内容は、@どのようなことでお困りなのか、Aいつからお困りなのか、B相談歴や受 診歴、C現在の状況、D生い立ちから現在に至るまでの大きな出来事、E家族および社会的環境などについてです。それらを統合し、 相談者様を十分に理解した上でカウンセリングの方針を立てさせていただきます。 詳細は、以下をご一読ください。 @主訴  今一番お困りのことをあえて一つだけ挙げて頂きます。複数の問題が絡みあっていることも多いのですが、何から取り組んでいくか、 急いでいることは何か、何が大切かなどをお聴きします。 A経過 いつからお困りなのか、現在に至るまでにどんな変化があったかなどをお話いただきます。悩まれている時はなかなか時系列通りに 話すことは難しいものですが、最初のうちは思いつくままに話してくださって結構です。どのように思い出すかということも大切な情 報です。 ※メモ等にまとめてこられてもカウンセラーは読む事はありません。お話しされることが大切だと考えています。 B経路 どのような方や施設から当ルームを紹介されたか、今までにどのような機関に相談に行かれたか、病院やクリニックへの受診歴など をお聴きします。 C現状 いま現在、困っている方もいれば、一番大変な時期を自力で乗り越えてから相談に来られる方もいらっしゃいます。現在、どのように 問題に向き合っているか、うまくいったこと、うまくいかなかったことの両方に目を向けてお話を伺わせていただきます。 D生育歴(成育歴) 0歳から現在に至るまでにどのように育ってきたのかをお聴きします。お困りのことに直接関係ないかもしれませんが、その方の人生 を尊重しながらカウンセリングを行うためには必要なことですので、あらかじめご了承ください。 (母子手帳や小中学校などの成績表等があればお持ちください。) ※一方、インテーク面接では過去の出来事などを一気に思い出すので、その日の夜は少々神経が昴り、眠りにつきづらくなることがあり ます。(個人のペースに合わせ何回かに分けて伺う場合もあります。) E家族歴 これも生育歴と同様、お困りのことに直接関係はないかもしれません。しかし、自分の人生を振り返った時、比較的多くの方にとって、 なんらかの形で家族環境が関わってくるものです。最も話したくない部分であるかもしれませんが、その時にはそうおっしゃって下さい。 話せるときがきたら話してくだされば結構です。  その他、体調や生活習慣などについてもお尋ねすることがあります。このように基本的な質問項目はきまっていますが詳細については カウンセラーが促しつつも比較的自由にお話頂くことになりますので、リラックスしてお話くださればと思います。個人のペースを尊重 いたしますのでご安心ください。  自分一人では何をどうしたらいいかわからない時、カウンセリングは効果的です。例えば、いつもに比べて、なぜかイライラすること が多い、どうも落ち着かない、何をしていても虚しい、ふとした時に涙が出てしまうなど、自分では思い当たる理由がなくて困ってし まうというような場合です。そういった症状は、心が不調に陥っているサインですので、カウンセリングを受けて元気な自分を取り戻 しましょう。  また、同様のことが昔から続いている場合は、遺伝的な要因や性格的な要因が関係している可能性があります。カウンセリングを受け て、ご自身の特徴を知り、今後の人生をよりよく過ごすための対応を考えていきましょう。 技法・療法の例 1.支持的療法・・・来談者中心療法や生活支援を行います。  傾聴や共感的理解は、あらゆるカウンセリング技法において重視されています。悩まれている方の個人的体験を一般論に当てはめる ことはなく、幼少期から現在に至るまでの様々な話をお聴きしながら、ご自身の中にこそ問題を解決していける力があるということを 確認していきます。一方、重い精神疾患を抱えている方には、傾聴や共感的理解をしすぎることはあまり望ましくないと考えています ので、現実検討能力を指導することを中心にします。 2.認知行動療法・・・認知行動療法や心理教育を行います。  悩まれていいる方が現在の状況や思いを十分に語ることができれば、カウンセラーは問題解決に役立つ情報を提供していきます。 一般的に「カウンセリングはアドバイスをしない」と言われていますが、実際にはそんなことはありません。心理的な知識を伝える ことは有効です。近年では、人間の考え方や感じ方には幾つかのパターンがあることが明らかとなっていますので、ご自身の持つ パターンに気づき、意識して修正していくことに取り組んでいきます(ここでいうパターンとは「認知の歪み」など)。ご自身の 持つ特性や症状を理解した上で対処方法を身につけていくことを目標にします。 3.行動的技法・・・行動療法や行動制限を行います。  悩まれている方がご自身の持つパターンに気づいても、すぐに変われるというわけではありません。頭では理解していても、なか なか現実の場面で活かすということは難しいものです。そこで、最初の内は必ず成功するような小さな課題を設けて取り組んでいき ます。すると「やるかやらないか」という二択では得られなかった。「少しずつやればうまくいく」という感覚が身についていきます。 また人間は誰でも、自分が変わってしまうことへの怖さを持っていますので、あまりに大きく変わるという目標を立ててしまうとカウン セリングに対して抵抗感が出てくることが多いものです。そうなると、カウンセリングを休みがちになってしまったり、カウンセラーに 対して不信感をもってしまったりするので、ゆっくりとご自身の気持ちを確認しながら取り組んでいきます。一方、いろいろと活動した くなってくる時には、話しあいながら行動を制限していくこともあります。 4.分析的技法・・・精神分析的心理療法を行います。  現実生活がある程度安定してきている方に行います。自分自身の見たくない一面に向き合わなくてはならない場合もあり、結構なスト レスがかかることも多いのですが、この技法は悩み自体の解決よりも、上手な悩み方を身につけていくという側面の方が強く、長い目で 見れば取り組んでおいて損はないと言えます。まず、思い浮かぶことを自由に話していただくのですが、実は以外と自由ではないという ことに気づいてもらいます。心というのは何かに囚われてしまっていたり、都合の悪いことは見て見ぬふりをしているものなのです(こ れらを「防衛」と呼びます)。また、しばらくすると行動が幼くなったり、カウンセラーに対して複雑な気持ちを抱いたりします(これ らをそれぞれ「退行」「転移」と呼びます)。カウンセラーが、そうした行動や気持ちは本人が囚われていることや避けていることに関 係していると仮定して伝えるのですが(これを「直面化」と呼びます)、すぐに本人には受け入れられません(これを「抵抗」と呼びます)。 以降、一連の流れを繰り返すことで、徐々に自分自身と向き合えるようになり、悩みながらも自分で問題を解決していけるようになるのです。 5.芸術療法・・・カラーセラピー、アートセラピー、フラワーセラピーなどを行います。  各種、芸術療法の中から、相談者様に合った療法を話し合い、自己覚知(自分自身をよく知る)をしていく手掛りを見つけて行きます。 自分自身をしっかり理解することで、さまざまな悩みの解決がされるよう糸口を探します。比較的、気軽に受けられるカウンセリングです ので、結婚や恋愛などに関するご相談で希望する方も多くいらっしゃいます。  最後に、実際のカウンセリングでは、「なんかうまくいかない、なんとかしたい」というアバウトな気持ちでモヤモヤしたままカウン セリングを受けにいらっしゃってください。うまく話そうと思わなくてかまいません。私達カウンセラーは少しずつ相談者の方を理解し、 必要なことを必要な分だけニーズに合わせ提供させていただきます。どうぞご安心ください。 皆さんとお会いできることを心よりお待ちしております。 完全予約制 10時〜20時まで(19時スタートがラストです。)月曜日〜金曜日    10時〜16時まで(15時スタートがラストです。)土曜 日曜・祝日は休み。 ご予約はTEL:03-5639-5503(完全予約制)ご連絡お待ちしております。   電話受付 10時〜18時平日(月〜金)            ※土・日・祝日電話受付しておりません。             土曜日は事前予約者のみ、そのお時間にお越しください。